excitemusic
五感の外のフィールドワーク
by lotus_ark
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2007年 05月 18日 ( 1 )

まどろみのなかで




「心身の神癒」が届きました。
ぱらぱらとめくりながら、

先日の宝瓶宮福音書といい。
また、キリストの本・・

中学生のときに、自ら進んで教会から離れたというのに。
いまこんなにキリストにまつわる本を読んでいるとは!


・・


夕方、とても眠くなり、眠ってしまいました。


子供時代の自宅の部屋が現れ、そこに3人の男の人がいました。
まったく見知らぬ人たちでした。

一人は子供で小さくて。あとは、10代と30代くらい。

夢・・・というか、別の空間であることを自覚していて、わたしは彼らを
天井近くから見ていました。

何か、そこに居てもらいたくないような感じがして、その存在たちを
動かしたい、と感じたのですが。
行って下さいな、と言っても、古ぼけたTVに夢中のようで、そこから
離れてくれない。


そこで、なぜかいちばん小さい子の背中におんぶのように貼り付いて、
エネルギーを溶かし込むように流してみました。

そして離れると、ひょいとその子を持ち上げ、上空に上げて天使に渡し
ました。

次の人は手を引いてあげようとしました。
すると、彼はわたしの指を潰して、抵抗しました。
指先が半分切れたので、その手を守るように光で包み、修復しました。
痛みはぼんやりとしていました。

すぐに修復された様子をみて、私に干渉できないことをその人は悟り、
自分からその場を去っていきました。


最後の人はその様子を見ていて、素直に天使に手を引かれて、その部
屋から離れました。


わたしは満足して、その記憶のなかの部屋を薄いスカーフのように巻き
取ると、着ている白いカッターシャツのポケットに突っ込みました。


その空間は消えました。


そんな脈絡のない夢を見たあとのこと。



・・・



半分、起きているような寝ているような状態で。


ここのところ、エネルギーについて考える機会が続いていたので、
ぼんやりと、なぜ、エネルギー的な多様さがあるのだろう・・・と考え
ていました。


モナドと出逢ったときのことをふと思い出しました。

彼の目から見ると、レイキもまた広大な本質の上に架けられた、
ひとつの小さな額縁のようなものでした。

真の意識にとって、ヒーリングは造作もないことでした。



横になっている私に、ジョシュアが重なっていました。


私の意識もはっきりとあります。

半ば夢見ているように、彼の視野で、ヒーリングをしている行為を
感じていました。

目の前には乾いた街の景色がぼんやりと霞んで感じられました。


彼は何もしていませんでした。
ヒーリングは、只、起きていました。



後頭部の下の方にやや意識がある感じで。
何か、記憶としてつながっている感じ。
わたしの生ではないのだけれど、でも私でした。

彼が人として現れたことで、彼の体験として人がキリスト意識に直
接触れられるようになったのかな・・・と、感じながら考えました。

生の連鎖のなかのひとつとして、その体験の感触を感じていました。




またぼんやりと、あまたのヒーリングの行為のもとにあるものは何だ
ろうと考えていました。



その共通項は、愛でした。



このヒーリングの世界に触れたとき、私自身は宗教や、呪術や、ヒー
リングメソッド
・・その多様さに驚き、それらのなかにいったい共通言語となるような
ものはあるのだろうか??

と感じていたのですが。


愛が、共通言語ということかな。

きわめてシンプルな癒しというものを考えたとき、愛が軸になるのかな・・・。


富士山のヴィジョンのこともあって。
なぜ、「日本」なのだろう・・・とそれまで考えていました。



「様式に固執することのない数少ない場所だ。だから選ばれている。」


愛を軸に、シンプルな、そして全ての人をその信条を否定せずに受け
入れ、自ら癒していくための場所をつくる場所・・・

というイメージが浮かんできました。



確かに愛があれば、癒しは起きる・・。

只その入り口が、たくさんあるだけで。


「そうだよ」

ジョシュアは柔らかい声で言いました。


「きみはなぜたくさんの天使やアヴァターが用いられているのか不思議
に思っていたね。」


「彼らは入り口なんだ。」(訳注:愛のもとにあるとき)

「(キリスト意識に)アクセスするのを助ける。(媒体なんだ。)」




筋腫を治してみようかな。


「誰かを呼んでごらん。」


うーん。「先生」がいい。

「彼はヨハナンの力を借りていたんだょ(笑)」


じゃあ、ヨハナン。



おなかに手を当てると、すこしぐるぐるして。
ヨハナンを意識したとたん、何か手にエネルギーが下りてくる感じが
しました。

温かいものが腹部に下りて、おなかいっぱいになる感じ。



わたしの筋腫もまた、ゆるされている・・そんな感じがしました。
[PR]
by lotus_ark | 2007-05-18 00:14 |