excitemusic
五感の外のフィールドワーク
by lotus_ark
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


相変わらずな夢デス




南フランス風ホーンテッドマンションみたいなところに、黒柳徹子さんが
貸衣装やさんのお店を構えていて。

そのお店には中庭があって、開かれた木の扉の両脇は石造りの壁。
正面はお店のオフィスで、左隣はたくさんの衣装が吊るされているお部屋。
中庭の左手は納屋になっています。

その中庭に、お葬式用の馬車が入ってきました。
17~18世紀風のヨーロッパの衣装を山積みして、その貸衣装やさんに
返しにきています。

わたしはその隙に開いた扉からするりと中に入り、左手の納屋行きました。
納屋の大部屋には、藁がうずたかく積まれています。

そこが放浪者であるわたしの好きな場所。

納屋のドアを開けるために、壁の小穴(3つある)を探ると、巣になっていて、
ピンポン玉みたいな小さなフクロウのコドモが3羽居ました。(@_@)

穴を覗くと、そのふわふわした一羽がわたしの口に入り、出てきません!
口のなかがふわふわもぞもぞして、じたばたと慌てています。


夢は次にすすんで。


どこか、平地にある駅。周囲に建物はありません。
駅から出て時間待ちをしていると、電車がきました!

今なら間に合うと、ダッシュでホームに走りました。が、線路ひとつ向こうで、
手前を通過の貨車が走り、なかなか電車にたどり着けません・・。

貨車が通過したので線路に下りて、動き出した電車の最後尾に追いつき
ました。

それは、セサミストリートのエルモ(赤いの)の家で、家の下に車輪が付いて
います。
TVで見る家の裏手にあるゴミ箱とかまで車台に載っていて、不思議デス・・・。

家のなかに入ると、粘土や絵筆がごちゃごちゃと積まれたアトリエのような
狭い部屋。
でも居心地がよくて。しばらくここに落ち着くことにしました。



2つ続いた、放浪者であるわたしの旅の夢。
突拍子もないけれど、感情的にはやっぱりとてもリアルでした。
視界も夢の中の意識だけれど、それなりに鮮やかデス・・・。


こんな夢を見たあとは、目覚めたあと、夢だったのか、
夢のような現実を生きていたのか、わからない奇妙な感じがして・・・。


ベランダから朝の外の景色を見て、その重くて落ち着いた質感に
安心するとともに。

あたふたと夢の体験に翻弄される自分の意識と、
それの底にある眠っているような別の自分の意識も感じて。


やっぱり自分はどこにいるのだろう??とすこし、奇妙な気分になりました。
[PR]
by lotus_ark | 2007-07-30 20:35 |
<< アカシック・レコード?? ヒーリングセッション募集はじめました >>