excitemusic
五感の外のフィールドワーク
by lotus_ark
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

イマジネーションクラス④開催!「モノに個性を感じる」




7月のイマジネーションクラス③にご参加頂いたみなさま、ありがとう
ございます。

お話のシェアリングという、イマジネーションクラスとしては初めての
試みで、至らないところもあったかと思いますが、本当によきご参加者を
得て、存外、深いひとときが創造されたのではないかと感じています。

greensleavesさんがご感想をアップ下さいました。
いつもありがとうございますm(u_u)m


おひとりのお話をシェアさせて頂くことの深さ、豊かさってすごいですね。

そして、精霊さんのワークも、楽しんで頂けてよかったです♪
おひとりおひとりが、本当に、お友達として楽しんで付き合えそうな、素敵な
精霊さんを見つけてこられて。

こういうのも、いいですね~



さてさて、8月もクラスいっちゃいましょう!
というのも、たぶん10月あたりは1回お休みになりますので。



今回は、オフに自分の環境づくりを楽しもう♪という企画。

イマジネーションクラス④「モノに個性を感じる」


モノの中にある記憶を読む方法として、2つのアプローチがあります。
ひとつは、モノそのものに蓄積された記憶を読む方法。

そして、もう一つは、モノを媒体として、それに関わった製作者の意図を
感じ取る方法デス。


今回は、後者にフォーカスしていきます。

日常なにげなく使っているモノ、それらのすべてに、生み出した人
が居るわけで。私たちは、モノを介して、その人たちの知恵とかアイデア
とか、感性に触れています。

そういう感覚を開いたときに、今住んでいるお部屋やモノが、何を語り
かけてくるか・・・

何気なく集めたものでも、そこには、本人と共感する何かがあり。
その「好みの波動」のなかで、日々暮らしていて。


逆に、身の回りのモノを観察し、感じてみると、自身のなかにある「志向性」
が浮き上がってきます。・・・それはもう、ありありと。


ということで、モノのリーディングを通して、個人の価値観や志向性の
プロファイリング、ということをしていくのが、今回の目的です。

お帰り頂く頃には、ご自身についての、知らなかった一面を発見できる
かもしれません・・・。&モノの選び方が変わるかもしれませんね。
趣味やビジネスでのさりげないアドヴァイスとしても、生かせるかもしれません。


今回は、ワンテーマですので、たぶん時間枠か+30分くらいで収まる
予定デス。


それと、ご参加いただく方には宿題を♪

携帯のカメラ機能かデジカメで、おうちや身近な環境で自分が好きだと
感じているモノをざくっと写真に撮ってきて下さい。

旅先で素敵だと感じた場所などもOKです。
・・・ってだんだんリーディングになってしまいますね^^;


モノの印象を思い出せる程度でよいですので、ざくっと数枚でも結構です。

もちろん、この部屋はなんとかならないか・・・というところでもOKです。
&無理に写真をご参加者で見て頂くことはありませんので、ご安心を。



日程は、

8月28日(木)赤坂 13:30~15:30 残席5名様
29日(金)湘南 13:30~15:30 5名様
9月 6日(土)湘南 13:30~15:30 残席4名様


参加費は、おひとりさま8000円です。


では、楽しみましょう♪
[PR]
by lotus_ark | 2008-07-31 10:46 | プロデュース イベント

夏と記憶






ふと、灰色のフエルトのハンチングに灰色ツイードのマントを着た
小柄な男性が立っているのを車越しに見る。

古い人を見ることはあまりないと思うのだけれど。

このあたりは陸軍の基地があったところ。

当時の人なのかもしれません・・。


空母を見ると懐かしくなり、艦載機を見ると、涙が出てくる。

理由はわからないけれど、今の時期は、そういう映像を目にすることも
多くて、なかなかしんどいです。


わたしたちは、幸せです。

そしてそのまえは、たいへんな思いをしていたのかもしれない・・・。

当たり前な生活を噛み締めて。

そして、当時、自分、あるいは友人たちが果たせなかった夢を
生きているのかもしれない・・・・。


あたりまえの暮らしが、夢だったのかもしれません。


だから、好きなことをしてみて、楽しんで。
そして、否定するのではなくて、人を生かすことをしてみて。

それが、魂の癒しになるのかもしれません。



ちとばたばたしてます。
お返事&セッション報告遅れましてごめんなさいm(_ _)m
[PR]
by lotus_ark | 2008-07-27 11:09 | 見えること

ちょっとお茶タイム




8月2日(土)のプロデュースイベント、受付終了いたしました。
お申し込み、ありがとうございます。


夏ののんびりした空気を味わいつつも、パタパタとご依頼が
入ってきて、夏休みの予定表ならぬ宿題予定表を組まねば・・・という
今日このごろ。

不思議なのは、苦手な英語和訳の依頼なんかがキテルことで。
・・・これも、お勉強!?

来年のワークショップの、準備なのかな・・・。



さてさて。

ちょっと楽しくて、とってもさわやかなブログを見つけましたので、
勝手にご紹介


シルバーアーチ・ファンにはおなじみの方ですよね。



そっくりカモ・・・(@_@)
[PR]
by lotus_ark | 2008-07-23 09:39 | プロデュース イベント

イマジネーションクラス③初回御礼!




イマジネーションクラス③も無事初回が終わりました。
ご参加頂いたみなさま、ありがとうございましたm(_ _)m



実は毎回、新しい試みをちょこっと入れていまして。今回は、お話のシェア
から生まれてくるものを大切にしよう・・・ということでした。

その結果、ご参加者のみなさまの智慧が、それぞれの個性とともに現れて
きて、とても素敵でした。

そして、貴重なアドヴァイスをありがとうございました。>ってどっちが教え手デスかい!?

・・・といいつつ。シェアリングから生まれてくることのなかの智慧を眺めてみることに、
その場でしか生まれ得ない「魔法」があることもあるみたいで。

計画的にカリキュラムを進めていくことにたいしての反省というものも、
あったのです・・・。


だから、あの時間は、2度とない貴重な時間で。

そこで語られたことは、一人一人のなかで、個性的な意味を持ちながら、
きっとさらに成熟していくのだと想いマス・・。



前半の誘導瞑想は、すこし長くなってしまいましたが、あの領域を創造して、
そこから眺めてみることは、肉体から離れた広大な意識に触れることに向かう、
基本の一歩とも言えます。

「空気の温泉」のようにシンプルなワークですが、感情や思考のレスキューに
有効ですので、よろしかったら心の道具箱のなかに常備しておいて下さいませ。



みなさま精霊さんとも出逢えて、いい感じでしたね♪

お部屋の花で遊んでいる花の精霊さんや、竜さん・龍さんたちも来られて。
なかなかにぎやかでした^^


人の形をとらない存在たちにも、それぞれの智慧があって。

人間的な思考が煮詰まったとき、そこからふっと意識を外してくれるような、
絶妙な突っ込みを入れてくれるときがありマス。


大切にしたい友達です。
[PR]
by lotus_ark | 2008-07-21 22:36 | プロデュース イベント

頼朝の・・



今日はさわやかですね~。


最近、まじめな話ばっかりでしたので、今朝みた奇妙な夢をひとつ。

なんとなく五感の外の世界と自覚してるのですけれど、

恩師の書斎に遊びに行っていマス。


留守宅のようですが。


本や骨董や何かの標本など、いろいろ珍しいものが置いてあって。

そのなかの、赤い、ビキニの片方みたいなモノにひきつけられマス・・・。


おお、こんなところに!こんなモノが♪

と、喜んで履いて引き続き書斎を探検していると。


家の人が戻ってきて、


「これ、源頼朝のパンツですから~。

もぅお、あー、コレクションが~~(T▽T)」


・・と、怒られている夢デシタ・・・。


・・・・・・・・・・・なんなんでしょうね。


で、今朝TVつけたら、源頼朝~・・と出てきマシタ。

意味、わかりましぇん・・・・。



さてさて。




今週は、レイキ・アチューンメントのご依頼も頂いており、なんだかエネルギー
日和!?デス。

20日(日)、アチューンメントご希望の方がいらしたら1名様のみ承ります。

お問い合わせ・お申し込みは、
furt705@@luck.ocn.ne.jp(@をひとつお取り下さい)まで。
[PR]
by lotus_ark | 2008-07-16 09:44 | プロデュース イベント

イマジネーションクラス③追記しました




前回に引き続き、告知が遅くなりましてすみません。
五感の内・外でガイドさんとの検討も踏まえ、吟味してテーマ設定させて
頂いております。

今回初めて、タイトルに「ゆるす」を入れましたが、

あらゆる側面から、「ゆるしていく」

ことが、このイマジネーションクラスのテーマとなっていくようです。


単発講座ではありますが、年間では、

心身のブロックを外しながら、ご自身の可能性を広げていく。


ことを、1年の流れのなかで構成してまいります。
五感の外の技術も積極的に組み込んでまいりますが、特別なものではなく、
本来ご自身の中に備わった、自然なものとして。

地に足つけながら、より楽しく行動を選択していくための、自己の枠を広げる
力として活用していけるように、導入してまいります。


基礎力をつけることによって、ご自身の生に起きる様々なギフトと出会いを、
クラスのあとも、楽しんで頂けることと想います。



今回は、前半、すこぉしだけ、プロセス・ワークのアーノルド・ミンデルの
方法も取り入れて、心身を緩めていきます。


そして、今回のご参加者は、お仕事でお疲れの方もいらっしゃるようです
ので、プチ・エネルギーヒーリングもいたしましょうね。

ことし前半すぎのピットインということで、おひとりおひとりの
エネルギー調整を、今回は意識してまいりたいと想います。


---


たいへんお待たせいたしました。m(_ _)m

7月のイマジネーションクラス③のお知らせです。



第3回 イマジネーションクラスは

「あるがままの自分でいることをゆるす&精霊と友達になる」

です。


2008年も後半に折り返して、「これをやらねば」というような
「頑張り」が溜まってきた頃かと想いマス。


それはリュックに詰め込んだ荷物のようなもの。
詰め込みすぎると、その重みに負けてしまって。

高山植物の美しい山に縦走に行って、記憶に残ったのは、足元の
道の岩だけ。。。。なんて悲しいこともあったなぁ(遠い目)


長い道のりを行く旅人ほど、その足取りはゆっくりしています。

そして、道で出合う花や風を愛で、ともに歩く友との会話を楽しみます。


夏は、素の自分を楽しむ季節でもあります。

肩の荷を軽くして、大いに楽しむために。


今回は、ありのままの自分でいることをゆるすワークと、ゆったりと
体験のシェアリングのひとときを持ちたいと想います。

そして。

あるがままに生を表現している、自然の、その精霊に触れます。

そして、心の友としてのスピリット・アニマル、精霊を探索し、彼らとの語らいの
なかから、ご自身の心の自由に触れる旅を、楽しみましょう。


実は、私も過去生で一緒に仕事をしてくれた精霊である「仲間」がいて、
今もいろいろお手伝いをしてくれることがありマス。


人間という「鋳型」にはまりすぎて苦しくなってしまったとき、

彼らなりの智慧とユーモアで、手ならぬ鼻や、蹄を差し出してくれるのも、
嬉しいものデス。


---


開催日は、湘南 7月18日(金) 13:30~15:30 
       赤坂 7月24日(木) 13:30~15:30 残席2名様
参加費 8000円

です。

お申し込みは、furt705@@luck.ocn.ne.jp (@をひとつお取り下さい)まで。
[PR]
by lotus_ark | 2008-07-12 12:26 | プロデュース イベント

地球が「見」せてくれたもの




予見も、人の出来ることのひとつらしく。


先だって、見えたのは、「地球」が見せてくれた映像でした。


最初に見えたのは、地下に向かうフリーウェイのような道路。
地下にロータリーがあり、内陸地の地下に工場など生産施設があります・・。
地上・・・そこは北米の内陸部・・・は乾燥化が進み、沙漠化しています・・。
北米の人々は、沿岸部に主に住んでいます。

南米は、全域が森林保護地区として、人の居住が制限されています・・。

日本の沿岸は、半透明・乳白色の半球状の柵のようなもので縁取られています。
護岸のようなもの・・?

太平洋の水面下に数多くの水中都市があって。
波の影響を受けず、なおかつ太陽光を受けられる程度の水中。
酸素は海水の分解により供給されています・・。

空中に、バルーンのように浮かぶプラントがあり、細いパイプで海中に
何かを供給しています・・。

ハワイは、何か文化的?精神的なセンターのような施設が広がっていて、
ガラスのような素材で出来た薄く虹色に輝く建築物があります・・。


アジア(ユーラシア)内陸は大気汚染が進んでいます・・・。


・・・など。あと書けないことも。



可能性の一つ・・・なのでしょうけれど。

ヴィジョンから戻ってきたときに、なんともいえない感じがしました。


地球はこれからも在るけれど、そのありようは、過去の2000年と
これからの2000年はずいぶん違う可能性もあるのかもしれない・・・。


環境の変化に対応して人も技術の粋を尽くすのかもしれないけれど・・。

そしてそこでも愛を生きる想いは育まれるのだろうけれども・・。


なにか、不自然な感じ。



「地球」はなぜこれを「見せ」たのかな・・・。


少なくとも、私たちが今触れている地球は永遠にこの姿であるとは
限らなくて。

そして、すべての可能性は、いま・ここの中に集約されていて。


「ひとり」の意識のなかに、すべてが畳み込まれていて。

「想う」ことで、可能性を選択していて。



地表に蒔かれた種のように。



「地球」は息をのみながら、「いま」芽吹く人の「想い」を、じっと観察している
のかもしれません・・・。





だからこそ、内面に、最愛の想いを満たすこと。

自己が完全であり、満たされていること、その想いのなかに立つこと。


そこが、未来という「今」をたしかに捉える、


「天国の門」なのかも。。。
[PR]
by lotus_ark | 2008-07-07 22:12 | ヴィジョン

無垢の背中




子犬の背中は柔らかく、すこし骨ばっていて。

祖母の背中に似ていました。



夏休み。ゆったりと孫の手に揉まれる背中。

その、柔らかくはかないくらいな感触・・・の記憶。



この柔らかさは、何も構えがなくなった・・

歳を重ねるなかで何かを越え、手放してきた、


祖母の無垢の背中だったのだなぁ・・・・と。


ふと、感じました。
[PR]
by lotus_ark | 2008-07-04 11:40 | 日常