excitemusic
五感の外のフィールドワーク
by lotus_ark
ICELANDia
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

内側から湧く光




年度末のせい?なのか、気持ちの浮き沈みが激しかったこの
数日。ハイになったかと思うと、些細なことがトラウマの呼び水
となり、孤独と無価値感にずしんと打ちのめされていたときのこと。

PCに触れたとたん・・・。
激しく異音がして、モニタになにも映らなくなっちゃった。

まだ買って1ヶ月なのでした(T_T)



一晩悪戦苦闘して回復ならず、今日修理やさんにもって行って
組みなおして立ち上げてみたら

・・・治ってました。


どゆこと???


・・・

それはともかく。


数日、眠りつつ起きつつ無価値感のルーツをほじくりかえしている
うちに、くたくたに疲れて。
ソファーでぼうっとしていました。




ふと、


「わたしの傍にいなさい。」
「わたしからはなれてはなりません。」

微かに穏やかな声がしました。



ああ、たしかに、「ここ」に居るときは、ひとりではないな・・・。
何か存在の内側に居て、包まれてる感じがします。


ガソリンスタンドとか言って、自分、いまガス欠になってるし。
笑っちゃうナ・・・・。


ハイオク満タンにしたいのです・・・・。
と、お願いともつかず、心のなかでぼんやり呟きました。



私を包んでいる温かい存在は、目の前で強い金色の光を揺らめ
かせていましたが。


光は、頭上から降りてくるわけでもなく。


・・・それは、痛みのある胸の底から、静かに湧いてきました。



なんだか、泉みたい。




ここから来る光が、尽きることは本当はないということを、なぜか
知っていました。

この光が、温かな存在そのものの光であることも。
[PR]
by lotus_ark | 2007-03-30 16:13 |

予感すること




最近、ヒーリングの媒体についての自分のなかでの
小さな発見をいくつか繰り返して。

それは先にお話しました、石に見える意識?だったり、
あるいは、奇妙なフラワーエッセンスの使い方、だったり。
また、大天使の示す浄化法・・だったりするのですが。

おそらくまださまざまな媒体があるでしょうが・・・。



どうもこれらの媒体が独立して存在しているとは
感じられないのです。

五感の外の、物理的な制約のないと考えられる世界にも、
エネルギーの規則的な表現というものはあって。

ヒーリングの媒体は、その表現にうまく接続するための、
それぞれ特徴のある入り口として存在する。。。

見方を変えると、媒体は独立して存在するのではなくて、
すべてつながっている・・・。


・・・そのように思えてなりません。



それは、科学の世界にたとえれば、数学的なルールを知る
こと。
あるいは、生態学的な視野を得ること、ともいえるのかも
しれません。



石も、花も、声も、エネルギーも。
ぶどうの木に実るひと房であり。

異なる房とみえても、同じ幹に連なるひとつの入り口。

房たちが出合うことで、豊かなぶどう酒が得られるように感じて
ならないのです。


・・・これを、やっていくのかなあ。



既にお気づきの方もいらっしゃるかと思います。

触れている世界は、深く、豊かで、いまだ知られていない
多くの実りを潜ませている筈です。
多くのケミストリーを。



探求して、いつか、きちんと語りたいお話です。
[PR]
by lotus_ark | 2007-03-28 00:05 | ヴィジョン

石のあらわすかたち




時折、ものすごぉく睡魔がくるときってありますね。
春なのかな。昨日はお昼と夜にすこし起きて、あとは
眠り続けてました・・。

夢のなかで、仕事の送別会をして頂いてました。
後輩から頂いたサイン帳にはおまけが付いていて、
小さな壷から小さなドラゴンのおもちゃが出てきました。

スライムを固めたみたいな冷たいゴムの感触で、
青とか黄色とか赤とか、緑とか、そんなの。
よく、カエルとかヘビでそういうオモチャありましたね~
でもなぜドラゴン??? 夢ってよくわかりません・・・。


・・・

そうそう、前々回の記事の石の配置ですが。

最初のは、「生命の木」
2枚目のは、「蛇」

と灯さんは解釈して下さいました。

この生命の木を読み解いていくことが、わたしの仕事であり、
また、蛇は、錬金術にも出てくる象徴。
エネルギー的な変容・・・クンダリーニ・・でしたっけ。を示して
いるそうです。


さああて。どうしましょう。(@@)



それはそうと。石ってどんなもの?と思って、
「クリスタル・ジャーニー」 ジェーンアン・ドウ著 を広げました。
→旅の本がほしくて、石探しの旅の本だと思って間違えて買っ
ていたのです。

読んでいなかったその本を広げてみて。
ぜんぜん、石とは違うページに目がとまりました。

「エネルギー体の幾何学パターン」という図版があるのですが、
それの精神体を示すパターンが、以前、プロデュースイベントに
いらしたお客様から見せて頂いた石のなかに「見えた」パターン
とそっくりだったのです。

っていうことは、石にも精神があるのでしょうか。
あるいは、灯さんが石を通じて自己を見ると仰っていたのですが、
自分のエネルギー的な反映なのでしょうか・・・・。

また、謎を見つけてしまいました・・・。

そして、その図版にある、霊体を示す幾何的パターン。
これがまた。
以前、某地下鉄ホームに降っていた灰色の三角形・・・・を、
妙に思い起こさせるのです。
そういえば・・・死傷事故も起きていた路線デス。

もしかして、あれも・・・・霊体?



まったく、謎が多いです。
[PR]
by lotus_ark | 2007-03-26 07:02 | 見えること

ペレと富士




鉱石のセッションを受けた翌日のこと。

意識がここにあらず・・・?なにか薄皮のように、五感の外
の感覚をかぶったみたいになっていました。

ミーティングの予定がすっかり頭から抜け落ちてたりして、
どうしちゃったんだ自分!と、思いつつ、その日はあたふた
しておりました。


翌日。エネルギー的に、何か自分のものとは異なる何か
が体のなかにあって、しばらく違和感がありました。
なんなんだろう・・・これ。と思いつつ。

「見える」ことは見えてるし。
手のエネルギーの吹き出しもはっきりしてましたし。
しかも大きくなってるし。


そんななか、すこし時間があったので、お昼休みに瞑想
していました。

目の前に、光でできた硬いナッツのようなものがあります。
殻つきアーモンドみたいな。
それが胸に入ってきました。身体のなかで、それの圧力を
感じます。


ふと、ハワイが思い浮かび、
ペレ、という名があらわれてきました。

すると、今までに見たことのない濃いピンク色の光が、眼前を
覆いました。
ローズピンクを濃くした色の中央には、薄いグレーの雲もあり
ます。
背景の黒っぽい視界のなかから、吹き出しています。
くるくるとピンク色は回転しながら、視界を覆って。

やがて収束しながら吸い込まれるように、胸から入り、
おなかに下りていきました。

第3チャクラのあたりにすこし留まっていましたが、やがてもっと
下に下り、底を打つと今度は背中から逆に上に上がって、喉
から下で折り返し、また胸に下りて、くるくると循環していきました。

これって、ペレ?
大地の存在のエネルギーに触れたのは、初めてでした。


ああ、そっか。灯さんのアチューンメント!
セッションで、エネルギー的なプロセスがあったのですが、
私にとっては、それは、大地のエネルギーに触れることを促す
ものだったのかもしれない、と理解しました。


そして、ペレの感じが浮かぶと同時に、対をなす存在として、
富士山のことが浮かびました。


そのまま、富士山に意識を移します。

すると、視界の中心に、濃い黄色・・・というか、山吹色。金色?
の輝きが現れました。

輝きは最初かけらの状態でしたが、やがて輪を描き始めました。

わお♪と思ったとたん目を開けてしまったので、今度は遠隔の
要領で再び「入り」ました。


濃いベージュ色の空間が広がり、そこには富士がありました。
でも何かヘン。

だって、裏返しなんですもん。


漏斗状になっていて。
山ではなくて、空間のなかを富士山のかたちにへこませたもの・・・。

さっきの光はありません。

そこを眺めていると、吸い込むエネルギーを強く感じました。
一緒に吸い込まれてしまいそう。



眺めながら、富士山は吸い込み口で、ペレの居る領域、つまり
ハワイは吹き出し口だという想いがやってきました。

富士山、つまり日本の領域は、エネルギーを収束させる場所で、
世界から集まったエネルギーがひとつの形をとります。

それらは錬られて、「空間」を通り、ハワイから新たなエネルギー
として地球に吹き出していきます。


一対のチャクラのような。

何かこの「回路」と関わっていくのかな。


・・・

瞑想のあと、五感の内に立てなかったぼんやりした感じが、
うそのように晴れていました。
[PR]
by lotus_ark | 2007-03-24 07:48 | 見えること

お声が違う~



今朝はなんだか、ヒーリング・ハイです。
普通の仕事してるときより体調がよくなるのはなぜでしょう・・。

昨日は五感の外の世界と触れ合う一日を、ともに過ごさせて
いただいてありがとうございました。
お花をありがとうございました♪


お部屋には青い光が瞬いておりました。



・・・・


「先生」が生前ご活動されていたときの講義のCDを買いました。
ちょっとドキドキしていたのです。

だって、生音声聴いたことなかったですし。

そして・・・聴いてみました。


がーん!声が違う。


わたしの聴く「先生」のお声は、自信に満ちた40代後半~50歳代
くらいの低めの声です。

CDのお声は、ハスキーでトーンが高く、話し方もゆっくりとした、
教会でのお説教のよう。
まあ講義のときの話し方と会話は違うのかもしれませんが。


うーん・・・(困)
もし別人だったら、やだなぁ・・・・


先生!どうして・・??と
思わず、強く伺ってしまいました。
失礼なことをしてしまいました。


出てくるのは、相変わらず低い自信に満ちた「先生」の声です。
少々、焦りと混乱を感じながら、高速でお伺いしたので、対話
形式では再生できません。

お話の主旨は、ひとことでいうと、こういうコトでした。


受け手にとって、つながりやすい音声・イメージを媒介として
つながっている。

つまり、わたしのなかにつくられている「先生」のエレメンタル
を媒介として、対話をしているということのようです。



「わたしがはじめこの(CD)の声で現れたとして、わたしである
ことを認識したか?」


うーん・・・スルーしてたかもしれません・・・。



五感の外の世界は、物という枠組みに捉われていないので、自己
表現も自由ということなのかな。

もしかすると、わたしの感じるマリアさまと、あなたの感じるマリア
さまの姿や声は違うのかもしれない。

けれど、エネルギーとしては、同じということなのかな。




姿かたちで判断することに、捉われていたのかもしれません・・・。
[PR]
by lotus_ark | 2007-03-22 11:30 |

シルバー・アーチに出展します



年度末ってあたふたしちゃいますね。
グラウンディングしてなかったなあ、昨日。


お知らせデス♪

4月29日に開催されます、チャリティイベント シルバーアーチにて、
ショート・リーディングをいたします。
限定7名さまです。

詳細は、4月1日以降、左側のブログのリンク「シルバーアーチ」に掲載
されマス。

五感の外の世界をご一緒できるのを、楽しみにしていますね♪


明日はプロデュースイベントの2回目のセッション。
気持ちをそちらに持っていきたくて。ブログちょっぴりお休みしますね。
木曜日か金曜日にアップします。


・・・


石のワークをね、受けたのですけれど。
謎が多いんです。暗喩に満ちていて。
これをどう読み解けばいいのかな~

あとで考えるとして、石だけご覧いただきますね。
ピンボケでごめんね。


これは、手をかざして選んだ石。
b0087816_1172992.jpg

上から時計まわりに、
ダイオプテース
紫水晶
カーネリアン
ユナカイト
ローズクォーツ
モルダバイト

真ん中のが カバンサイト
ユナカイトの下が、
ガーネット
アズライト







これは、目で見て選んだ石

左から、隕鉄、蛍石、水晶、ターコイズ、シャッタカイト

b0087816_11134950.jpg
形はね、それぞれ、おお、そうなのかぁ。という解釈をいただきました。
次回にアップしますね。





でも、形と石の関係性がまだくわからない・・・。

見ていて、何かひらめいたら、教えて下さいね~。
[PR]
by lotus_ark | 2007-03-20 11:08 | 日常

HPにおののく




今朝は小雪がちらついてましたね。
こぶしも開花して、春の風情とキンと冴えた空気が一緒になって、
なかなかの朝でした。


日曜日は初めてのアドヴァンスクラス。
そしてその前に、プロデュースイベントの灯さんの鉱石のワーク
を受けるのデス。しかも新型セッション♪(Anima-Sonare


灯さんは、地学の学者さんにも似てる、石を読む人の香りがする
のです。それに過去生の景色で見た錬金術工房にも似た空気感
も感じられて。。。。

アンテナ3本立ってしまいました(^-^) →って鬼太郎かいっ>メダマの親父の声で。


鉱石は・・・洞窟探検してたので、石灰岩とかそこから生まれる
方解石とか石膏とかはお馴染みさんだったのですが、
ヒカリモノはよくわかりません~

石ってなんかエネルギーありますよね。
この間のスキーで、山が唸っているのを感じたのデス。
なんだかね、お山にも固有の「音」があるみたいなのデス。
ぶぉおおん・・・とか。

ということで、何が起きるのか、ワクワクです。



・・・

すこし前のこと。
ネットで検索しておりましたら、なんだかものすごくおどろおどろしい
サイトに出くわしてしまいました。

昔懐かしい「あなたの知らない世界」・・・みたいなつくりで、
心霊写真とか、宇宙人とか、越常現象の記事だとかを集めたもの
でした。
あまりにこわくて、サイトどこだったかわすれたです。

その心霊写真のなかで、「見る」ときの「憑いてる」存在に色違いです
けれどとてもよく似た質感ものがありました。
うわ~写真にも写るのかぁ、と思いつつ好奇心には勝てず、記事を次々
クリックしていったのです。


すると、掲載されている写真のなかで、何枚かすごぉく、禍々しい感じ
のがあって、数秒見ただけで胸のあたりが痛くなってきたり、喉がしめ
つけられるような感じがしました。

それは、絵的には普通の、何かの現場写真だったような気がします。


あわててサイトを閉じました。
「行っ」ちゃってたら、すごくヤだったと思いマス。

サイトから伝わるものもあるのかな。
・・・ドキドキしました。


また、そういうのとは違う「気」?を発するサイトもあって。ヒーラーさんの
穏やかそうなサイトからうお~おおん・・と圧力を感じたり。
心地よく、そよそよ流れる気?を感じるのもありました。


場の空気感みたいなものが、サイトにもあるのかもしれませんね。
[PR]
by lotus_ark | 2007-03-16 10:59 | エネルギー

シンクロする夢



お知らせデス♪

いま、ヒーリングクラスの先輩の岩井ふみ子さんのブログ
「星のように 花のように」(3月12日)に、先日のこちらのブログでの記事
「コタツ」とシンクロした夢についての記事が掲載されています。

わたしも登場していマス。(^o^)/
・・・って、夢でこんなコトしてるとは思いませんでしたぁ。
深い夢のなかに居るときって、全然覚えていないのですが、結構動き
回っているみたいでした。

ふみ子さん、教えてくださってありがとうございマス♪
こんなに覚えていられるなんて、すごい~!

あちらの世界の記述として、とても興味深いです。
[PR]
by lotus_ark | 2007-03-13 13:49 |

Keep on that way ! 遠隔その後





とても素敵なメールをいただきましたので、
許可をいただき、ご紹介いたします。


シオンさんは去年、初めてこのブログで遠隔ヒーリング
の参加者を募集しましたときに、ご参加頂いた方です。

そして彼女とメールでお話をしながら、わたしは
遠隔ヒーリングで「見」させて頂いた天使たちの営みが
単に病気や不調の治癒ではないことを学ばせて頂き
ました。

ご本人に準備ができたとき、エネルギーの身体の変容・・
ともいうべきものが、ひとつずつ、おきていくようです。

それはおそらく、ひとりひとり個性的な輝きを放ちながら。
「見える」形で、変容・・・としか言いようのない、光の
造形の変化がいっとき見られ、そしてエネルギーの身体
に吸収されていくのです。

遠隔ヒーリングに限らず、ご本人の心のなかで、痛みの
なかから新しい光が芽吹くとき、光の変容が起きている
のだろう・・と強く感じます。そこには必ず守護する存在
の大きな力が注がれています。

もしこのブログをお読みになっていらっしゃる方で、その
ような時を迎えられている方がいらしたら、痛みの奥に
必ず光があることを思い出してくださいね。
その痛みは、殻を破る痛みなのかもしれません・・・。


そして、変容はいっときのものではなく、そこからが始まり
であることを、これからご紹介するお便りは、教えて下さっ
ています。

シオンさんの場合は、五感の外の感覚との出合いとして
起きました。
わたし自身のケースとも似ています。
感覚とどのようにして出合うのか、興味をお持ちの方には
ご参考になるのではないかと思います。


シオンさん、貴重なご報告をありがとうございました!



・・・


こんにちは、以前無料で遠隔ヒーリングを体験させ
ていただきましたシオンです。
また少し変化がありましたので、報告をと思いました。

先日、眠っているときに歌うような声で

Keep on that way !

とはっきり聞こえてハッとして目覚めました。
とても綺麗な声で、男性か女性かわからないような
透き通ったような、何層にも重なったような、
何とも表現しにくいけれども美しい声で聞こえました。

この声を、私は今までに何度か聞いたことがあったのです。
ずっと忘れていたのですが・・・
小さい頃から、時々聞いていたのを思い出しました。
本当に歌みたいでした。
眠っている間に、夢の中で聞いていました。
意味はわかりませんでしたが、心地よかったです。


はっきりとした言葉で聞くのは2度目です。
初めてはっきりと聞こえた、歌うような声は

Fun fun fun !

と言っていました。


英語は苦手なので、どうして日本語ではないのかしらと
ものすごく不思議に思うのですが、明らかに私ではない
声です。
私はいつも日本語で考えていますし。


Keep on that way !
のメッセージは、私に向けられたものでありながら
他の人にも伝えなければならないようにも感じたので
ピンと来た友人に、メールと手紙で伝えました。

すると、「今まさに大切な事に気付いたところだった、
ありがとう」
という返事があって、私が聞いた声は、もしかすると
本当に天使かガイドからのメッセージなのかしらと
思っています。


で、メッセージに従って、素直に波に乗ってみることに
しました。
今日、私の住まうマンションで太極拳サークルを始め
たのです。
同じマンションに住んでいる年配の女性の方たちから
太極拳を教えて欲しい、との申し出がありまして、
本当に気楽に「私も初心者ですが、一緒にやってみま
しょうか」とお受けしてみたのです。

その代わりに私は、お姐さん方からお茶やお花を教わ
ることになりました。

私の意志と関係無く、人の集まる場に引っ張り出され
たり呼ばれたり、お膳立てされたところにポンと飛び込
む羽目になったり、タイミング良くポンポンと、人との関係
が広がりつつあります。

以前はそういうのを重荷に感じてしまっていたのですが、
今は何となく、周囲の人と人間ではない存在(謎)から
守られているような気がして、
それほどプレッシャーに思っていないのが自分でも
不思議です。


毎日がほんのりと幸せで、穏やかで、楽しくてこんなに
充実した日々は初めてです。

派手な動きがあるわけではないのですが、ごく普通の
日常生活がとても愛おしくて、紅茶がおいしく入ったなぁ
とか今日の珈琲の香りは格別だなぁとか、
そういう些細な事にすごい幸せを感じて感動したり、
地味にですけど、嬉しい気持ちです。

たとえば、頭が痛くてもなんだか楽しいんです。
痛いこと自体は不快なので、言葉にするのが難しいの
ですが、すべてにおいて「必死」な感じがなくなりました。

「痛いときは寝ていようっと」と気楽に気軽に考えて
「痛いよ、どうしよう、もうイヤー」などと思わないのです。
「今の私は感激してるんだな」と自覚しつつ感激してい
たり、「今の私はいらついてるなぁー」と自覚しながら
イライラしていたり。

自覚があるからといって、抑制まではできませんが、
体調やその時の気分に振り回されることが減ったような
気がします。

インナーチャイルドを癒していただいてから、
以前の私からは想像もできないほど穏やかになれたよう
な気がします。

世代を超えた女友達が突然増えて、
何か一つ別の扉を通って、新しいところに来たような感じが
しています。


偶然lotus_arkさまのブログを見つけて、
たまたま無料遠隔ヒーリングの体験をさせていただいて、
それが大きな嬉しい変化を私にもたらしていて、
とても不思議なご縁を感じています。
ほんとうに、ありがとうございます。

それでは、このへんで。


・・・


シオンさん、貴重なご報告、本当にありがとうございます。

シオンさんのご体験の大切なところは、
感覚の獲得とともに起きている、心の変化です。

そして、シオンさんの内面の変化とシンクロするように、
シオンさんが、こんどは周囲の方の変化や成長を助ける
流れが生まれてきています。

あれこれ語るのは野暮になっちゃうし、本当に、ご経験
されてきた方はうなずかれることもあると思います。

感覚と心の変化はセットで、そしてやさしく開かれるように
進んでいくんです。
求めなくても、もうそこに在るのです。


強いこころの枷と戦った末に、外に何かを求める気持ちが
ふっと消えることがあります。

その、突き上げるようなエネルギーが、一瞬無重力になるような。
そしてその次の瞬間からは、もう深く内面に落ちていく、自分
が自分自身であることに向かう、気持ちの変曲点みたいな
ところに至ったときに、何か、五感の外との感覚の出合いが
あるように感じます。

そのときに、遠隔ヒーリングのような、あるいはレイキのような
エネルギー的な助けがあると、ご本人のプロセスを促すきっかけ
になるのかもしれませんね。

なんだかすこし、自分のさせて頂いたことがわかってきたかも・・。

しかも、自分もそのようにして頂いてますし・・・。
こうやって、成長の連鎖が、続いていくんですね~。

なのでシオンさんは、もうヒーラーさんですょ。(^-^)
ガイドさんも、そのままGoよ♪と応援して下さっていますもの。

これから出逢われるたくさんの方々を、
愛の空気で包んでいかれることでしょう。

天女の癒し太極拳、素敵なヒーリングですね。
とてもいい感じに広がっていく予感がします。
新しいお友達とともに、素敵な場所を創っていって下さいね。
そして、いつか演舞を拝見したいナ~♪

そんな時が訪れることを、楽しみにしていますね。



さてさて、あと、英語のメッセージ。これもとても興味深くって。
わたしもギリシア語とか、アラビア語とかそういうので聞いてみたい~
と思うのですが。

なぜ母語で聞こえる場合と、「声」の主側の言語で聴こえる
場合があるのでしょう(@@)

まだまだわからないコトがいっぱいデス・・・・
[PR]
by lotus_ark | 2007-03-13 08:54 | 遠隔ヒーリング

お湯の瞑想



帰ってきました。

ヒーリングクラスの効果?か、いつのまにか
パラレルターンを滑らかに滑れるようになっていて、
足つけかえたの?といわれました。

スキーにも、おへそから足へ、そして雪の中の地面と
つながる感じがあって、なんだか自由で。

すこし、発見でした。


・・・


ほんの時折行く山奥の小さなスキー宿に、
小さな手づくりの露天風呂が増設されていました。


やわらかい源泉のお湯を楽しみながら、目を閉じて、
お湯を感じてみることにしました。


自然のお湯、ありがとう。
あなたに触れ合うものに、触れ合わせて下さい。

このお風呂の湯につながっている世界へ。


お湯の湧き出ている岩盤の粘ったような、
低い音のような質感。
深く、温かく、ふつふつとした地面のなかのリズム。

そこから来てくれたお湯。


触れ合っているここから、どこまで伝わるかな・・・?
ちょっといたずら心が起きました。

白に近い桜色の光の球をつくり、湯船のお湯に溶かしました。
いまともにいることを楽しむ感じ、愛の感じをこめて。



湯船から流れていくお湯の一滴。

建物の外に出て、うっすらと新芽のふくらみを帯びた
林のなかの流れへ。

細い谷筋の流れに混じり、下っていきます。
水のなかの桜色の光も一緒に。


水はやや太い流れに入ります。川のなかに光が
広がります。水を通じて、光は川に連なる谷筋も
遡上していきます。小さな流域が光の質感をおびて。


そうしていきながら、大きな流れに入っていきました。
水は、周囲の町に吸い込まれ、吐き出され、流域の
人の住む空間に水を含むスポンジのように染み渡って
いきます。

光を帯びながら。


川の流れは緩やかになり、水面は広く滑らかに。
水の質感も重くなります。高層ビルが見えます。
都市のなかにも、ドミノ倒しのように、水のなかの光が
伝わっていきます。

都市はぽうっとほんのり柔らかい光を帯びていきます。


そこから光は海に流れ出ました。東京湾から相模湾へ、
そしてどんどん光は広がっていきます。


太平洋がぽうっと輝き、つながる大海を通じて、光は
インドやアフリカにも。ドミノのように水を通じて光は遡上し、
キリマンジャロに積もる雪もぽうっと輝きます・・・・・。


うーん。世界って広いなあ。
と、ドミノ倒しのように広がる光の拡大を、お湯のなかで
楽しんでいました・・・・。


すこしして、光はまた湯船に戻ってきました。

日本海から吹き上げられた湿った空気のなかに。
そこから尾根を越えて降ってきた雪を介して。



いま、旅をしてきた桜色の心地よい光が、
お湯のなかで遊んでいます。
[PR]
by lotus_ark | 2007-03-11 17:38 | 日常