excitemusic
五感の外のフィールドワーク
by lotus_ark
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:日常( 153 )

残暑お見舞い申し上げます




・・と、いうことで、ブログの夏休みもあけました。


昨日はスイカ氷を楽しみました♪
お盆ですけれど、天然氷でお店もがんばっちゃうらしいデス。
やっぱり、夏はかき氷ですね~。


b0087816_8582232.jpg


                             みとれてたので、とけちゃいましたね。





24日のセッション、ご予約満了となりました。ありがとうございます。
[PR]
by lotus_ark | 2007-08-14 08:59 | 日常

カップめん



大忙しだった1週間も、あとすこしで終わりそうデス。


ここのところ食生活がジャンク一色になって。

工業製品を頂きながら、またそういったモノが生まれるための作業
をしてるのって、なんだかチャップリンのモダンタイムズを笑えない
生活かもしれないな・・・などと想いつつ。

手にしたカップめんを眺め。
そもそもカップめんって、食べ物としての気配が薄いナ。

なんだかタイヘンな姿に変わっちゃってるケド、
この子たちももとは畑にいて、土のいのちのなかで生きていたの
だものね・・・などと想い。


ふと、頂く前に「気」を当ててみようと思いマシタ。


いまあなたたちの力が必要なの。
身体を支えてくれてありがとう。

と、エネルギーを当てたら・・・、



麺がのびちゃった。(@@)


ほんの3秒くらいだったのデスけど。
彼らもそれまで緊張?・・してたのかしら。
[PR]
by lotus_ark | 2007-07-26 05:56 | 日常

駅だけに




b0087816_2385363.jpg





                                       スイカ。
[PR]
by lotus_ark | 2007-07-18 23:10 | 日常

Lotusのエッセンス




先日、真木さんのところでFESのフラワーエッセンスのイントロダクティブ
セミナー
を受けてまいりました。

フラワーエッセンスが伝えるものについて、いろいろ理解するところがあって、
とても中身の濃い時間でした。



そして、自分で選んだ花で処方されたボトルを頂いたのですが。

私の選んだのは、ロータスとミムラス。

無意識に選んだのですが、結構ビンゴだったみたいデス。


ロータスは、広く開かれた霊性/霊性へのおごりを課題とするエッセンス。
ミムラスは、怖がりな気持ちに対応したエッセンス。
ということなのですが。


ここのところ、五感の外と内のバランスを(仕事上)いかにとって
いくのかというのを、自分のなかでずーっと自問していて。
片側のどちらに軸足をかけても、もう片側がアンバランスになりそうで。
とても怖かったのです。


エッセンスの効果はその人独自のあらわれかたをする・・と伺いましたが。


私の場合、また意外な形で、その解決の手がかりが現れました。


昨日、以前からお話させて頂ける機会があるといいナと思っていた
チャネラーの方と偶然!?、お会いできて。

五感の外のお話はまったくしなかったのですが。
自分が問題にしていたバランスのとりかたについて、貴重なお話を伺う
ことができました。


頂いたメッセージは、
どちらの世界もその意義をきちんと認識して、自分のなかに位置づけて、
めりはりを持って関わるということでした。


五感の外の世界をすこし知ってしまうと、それをものさしにして、世の中
のありようを判断して/語ってしまいかねませんが。

五感の外を理解しつつも、五感の内のルールを尊重して、その表現の
範囲内で可能な限りのことをしていくことも、またチャレンジで。


それはヒーラーとして専業であっても兼業であっても、あるいはヒーラー
でなくても、世界の多重性(五感の外と内とがある世界)を理解している
という点で、大事なこと。


五感の外だけにいるのは、五感の内だけにいることと変わらず。


どちらの視点も縦横に行き来することが、この世界を深く理解しながら
生きることになるのかもしれない・・と。



ちょっとこなれていないデスけれど、そんなことを感じました。



フラワーエッセンスは、シンクロニシティを呼んで、学ばせてくれる
コトもあるのかしら。

絶妙の流れをもたらしてくださったすべてに、ありがとう、デスm(_ _)m
[PR]
by lotus_ark | 2007-07-17 00:49 | 日常

初蝉が鳴いたので




これから入谷に朝顔買いに行ってきマス♪
ここのコたちは元気がよいのですよ~





b0087816_13285858.jpg


暑かったぁ~
すっごい人出でした。


ことしは、上の写真と同じ、ブルーオーシャン(だっけ)を連れて帰りました。

沖縄のものをこちらむけに品種改良したものだそうです。





今朝は朝から蝉が鳴き始めました。


もう、夏ですね。

といいつつ、梅雨さんにもまだまだ期待したいところデスね。
[PR]
by lotus_ark | 2007-07-06 09:40 | 日常

電車でスイム



帰りの電車にて。
アメフット話でごめんね。


超満員のなか、降車駅に気づいた女の人が、すごい勢いでドアの方に
向かって突進。私の空けた通路では幅が足りなくて、押してくる彼女の
ひじがわたしの鳩尾にぐっと入って。

その瞬間!

彼女が進むのと逆向きに身体を45度回転させて、右手でスイムして
彼女の腕の下を潜っていマシタ。

腕かちあげられてきっとびっくりされた・・・ですよね。
ごめんねお姉さん。(T_T)

一瞬、Gに見えたのかな・・・。
向かってくる「気」を感じて。

こんなところで、DEの技が出てくるとは思いませんデシタ(@@)
サックが仕事の時期もあったので、身体が反応したみたい。
って石川五右衛門ですかい。

まだフットボールしていた頃の、荒ぶる魂が残っていたのかな。


反射的に反応しない。

もっと落ち着いてその人を理解して接しなさい、っていうコトだった
のかも・・・。




感情や思考から離れて、すこし落ち着いて自分で「居ること」を意識し
はじめたのもつかのま。
それをしていると思っていても、実はぜんぜんできていなくて。


なにげない時に、すごぉく、無意識、自動的に動いてるコトに気づき
ました。


この、意識なく動く生き物って・・・自分のなかのナニモノなのでしょう・・・
[PR]
by lotus_ark | 2007-07-04 21:08 | 日常

ワークショップへのメッセージ!?




ミニワークショップのおわりに、美術館の絵葉書を頂きました。
ありがとうございマス(^-^)


b0087816_1574136.jpg
ペルジーノ 石棺の上のキリスト
損保ジャパン東郷青児美術館


絵葉書を拝見した瞬間、疑い深いトーマスはびっくりしマシタ(@_@)



触ってみて。

と手を差し出すキリスト。




わからないコトがあったら、確かめて進んでごらん。

と仰っているみたいで。


ワークショップという冒険に、なにかメッセージを頂いたようで、

胸の奥にズシン、とくるとともに。
とっても嬉しかったです。



こんなコトがあると。

あのお部屋にいらした本当の講師は、やはりあの方だったのかしら・・・
と想ってしまいマス。


ワークショップでは、ご参加者もまた互いにメッセンジャーになって
いらして。

わたしもたくさん気づきを頂きました。

頂いた気づきが、それぞれにまた今年の後半を心新たに歩んでいく
力となりますように♪
[PR]
by lotus_ark | 2007-07-02 15:04 | 日常

フィンドホーンから



おはようございます。
昨日ミニワークショップにご参加頂きましたみなさま、
ありがとうございました!

みなさまとご一緒に探究させて頂いて、とっても幸せな時間でした。


・・・

シルバーアーチでの寄付にたいし、フィンドホーン財団から御礼の
メールを頂きました。
改めて、春のシルバーアーチのセッションにご参加下さったみなさま
に御礼申し上げます。m(_ _)m

以下、みなさまへのメッセージです。
拙訳でスミマセン・・・。


遅くなりましたが、皆様方の4月のご寄付、
本当にありがとうございました。

深く感謝いたしますとともに、スコットランドと日本との間にこのような
つながりを感じることをとても嬉しく想います。

皆様の生活が平安と気づきに満ちたものになりますように。

愛と笑いを

ユヴォン クネオ
コミュニケーションチーム
コミュニケーション&寄付部門
フィンドホーンファウンデーション

「あなたは世の中を救いたいの?そうしたら、すべてはひとりの中から
始まることに注目してみて。あなたの意識が愛、平安、調和、そして
ひとつであることに変化していくとともに、世界全体の意識も、変わって
いくことでしょう。」

アイリーン・キャディのガイダンスより。

--------------------------------
a late but heartfelt thank you for your kind donation to the Findhorn Foundation in April. We really appreciate it and I love to feel the connection between Scotland and Japan.
I hope your life is peaceful and inspired.
love and laughter,

Yvonne Cuneo
for the Communications team.

Yvonne Cuneo
Communications and Fundraising
Findhorn Foundation
The Park, Findhorn IV36 3TZ
01309 691620

"Do you want to help the world situation? Then look within, for never forget that it all starts in the individual. As you change your consciousness to love, peace, harmony and unity, the consciousness of the whole world will change." Guidance through Eileen Caddy.
-----------------------------------

フラワーエッセンスのフィンドホーンの創設者、アイリーンキャディさんの
ガイダンスは、HPから登録できるメルマガでも読めマス♪
[PR]
by lotus_ark | 2007-06-30 10:29 | 日常

何に力を与えるか




明日8時より、ミニワークショップ募集開始デス♪
五感の外の世界を探検してみたい方、チェキしてね~



・・・


今朝はネパールのどこか・・に行くのに、探検隊の一員として、鋭い
稜線に上っている夢をみました。

でも隊長さんは岩場の扱いに不慣れで、上ってくる人の(安全)確保
がうまくとれていません。

稜線は鋭いナイフのようで。峰の反対側にザックで荷重をかけている
のですけれど、ホントはボルトやナッツでザイルを確実に固定するし、
手で確保をとるのではなく、アッセンダーを使うといいのになあ・・。

などと、隊長さんに心のなかで突っ込みを入れています。



・・なんて久々に、岩登り系の微妙にマニアックな夢を見たのは、きっ
と土曜日の朝日新聞でパタゴニアの記事を読んだからでしょう。

パタゴニアは、登山家にはBe-pal創刊の頃から既に高級ブランドで、
着ると秋田犬みたいにむくむくになるフリースも、当時はすごぉく贅沢
な品でした。

バイト代はたいて買ったそれで寒い岩場を温かく過ごすのは、なんとも
リッチなひとときでした。もっとも、食事はインスタントラーメンでしたケド。

この記事にもある、岩場を傷めないで岩登りする装置(たぶんナッツ)は、
たしか、それまで岩の割れ目にクルミ大の金属を挟み込む形のものし
かなかったのを、押し込むと翼のように開いて挟まる新型のものでした。


ボルトを岩場に打ち込むことに、心の痛みを感じたりしてた当時、すごく
いいものが出たなあ!と感動した記憶があります。
それも、パタゴニアのものだったみたい。

やはり、自然への想いがあって、開発されたものだったのですね。



前回の、300億で何をするか。
というのは、言い換えると、


人とともに在ることに、どんな夢や希望を持つか。
自分は何に力を与えたいのか・・・

という問いでもありますけれど。


パタゴニア創始者 イヴォン・シュイナードさんの、

「最高の製品をつくり、環境に与える影響を最小限に抑える。
そしてビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて
実行する。」

も、彼の選択した「300億円」の使い道・・なのですね。


「私には、会社というパワーがあります。
私にできる最善のことは、この会社を世界を変えるツール(道具)
として使うことです」

朝日新聞 be on Saturday b1-2 より引用


は、自分の持つ可能性&エネルギーを
世界の何に力を与えるために使いたいか。

を意識して既に生きている、ひとつの事例のようにも感じられました。



おじさま、カッコイイ~♪
[PR]
by lotus_ark | 2007-06-10 16:54 | 日常

もしも宝くじが当たったら




旅行して久々に接した母のかんじは、微妙にどこかで見たなあ・・

と思って本屋さんで見つけてきたのが、


「ヒメママ」 玖保キリコ著 マガジンハウス


でした。
ま、それはおいといて。


そのなかで、もし宝くじで3億円当たったら、何ができるか?
という話題があって。

人のためにそのお金で何ができるか、とか、ヴァーチャルなのに思わず
結構真剣になって考えてしまう姿に、


「でね、わたし気がついたのよ。」

「『もしも』で話していても人は、思ってないことは言えないもんよ。」

(以上「ヒメママ」p102より引用)




おお!そうかも。

何がホントにしたいことか、真剣に考えてしまいそう♪


そして、「もしも宝くじ~」という問いかけはよくあるけれど、人のために・・
というところが、この問いを面白くしてる。

日ごろ気がついていない自分の価値基準が、あらわになったりして^^



もしも。
ある日篤志家の方が、「あなたのお仕事のために」と300億円の小切手
を送ってきたら。

どう使うでしょうね~♪



なんて真剣に悩んでみるのも、リッチ!?な週末かも。
[PR]
by lotus_ark | 2007-06-08 14:03 | 日常