excitemusic
五感の外のフィールドワーク
by lotus_ark
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:日常( 153 )

年度末フィナーレ♪



2晩徹夜ははじめてかも。これから出張に行ってきまーす。

瞳孔開きっぱなしで朝から渋谷にたくさんのプラナが見えて、ついでに
ナントカ写真のようにユーレイさんが見えたり。
空間が溶けてるみたい。そして眠い・・・・。


いつの間にか桜も咲いて、春なんですね~。

仕事のあと2日ほど京都でぼーっとしてきマス。



メールを頂き、ありがとうございマス(^-^)
帰ってからしみじみ読ませて頂きます。なんだかもったいないんだもの・・。


今日もよい1日を。
[PR]
by lotus_ark | 2008-03-26 09:48 | 日常

諸般



遅れております・・・。ごめんなさい。

10ヶ月間関わってきておりましたプロジェクトの最後の仕上げで
五感の内爆走モードとなっておりマス。

リーディングが必要なお返事を中心として、お返事が遅れております。
27日以降にお返事可能な状態になりますので、いましばらくお待ち
下さいませ。



犬まつりもお待たせしてごめんなさいね。
ゆっくり、楽しんでリーディングさせて頂きたく、いましばらくお待ちを。m(_ _)m


イベントや企画の告知も3点ばかりありますが、これも4月頭にさせて頂きマス。


「みつけの庭」、3月は30日(日)のみ開園デス♪


関係ないデスけど、
カモミールティに黒糖を入れると黒糖カモミール・・・なに書いているんだか。
コクが出て、意外においしいかも。
[PR]
by lotus_ark | 2008-03-22 20:28 | 日常

非実在的自己否定!?





ACIMのコンセプトとして非実在・・・というのはひとつの鍵ではあるの
ですけれど。


内省的な人ほど陥りやすいかもしれないデスけれど、

それと、うっかりすると結びつきやすいのは、自己否定かな・・・と。




けれど、ACIMが実相として繰り返し語っているように。

非実在のなかに、実相という宝物を見るのが、生の楽しさなのかもしれ
なくて・・。


「わたし」のなかのどんなに恥ずかしい過ちと感じられるような行いの
なかにも、生命の美と愛の輝きはあって。

ぜんぶまとめて捨ててしまうのは、経験に潜んでいる愛をも捨てちゃう
かもしれないことで・・・

モッタイナイかも・・・



非実在は、否定されるべきものではなくて。

実相を見つけるための、「器」と見ることもできるかもしれません。


器を見るか、中に輝く実相を見るか。


非実在・・・を知り始めたときこそ、愛をもって、自己の非実在的
表現?を眺めてあげることも、大切になってくるのかな・・・と、

今朝ふと想ったことでした。




・・・って、いきなりナンデショ?
って感じですよね~。

非実在とか実相とかって。

初めてご覧になる方ごめんなさいね。


(非実在的には)

「ひとつの冒険的な世界の見方」って感じなのかしら。


いつか、ちゃんとお話できるようになれるといいナ。
[PR]
by lotus_ark | 2008-03-13 08:22 | 日常

睡魔



パタパタと仕事と準備に動く日々。


夜になると睡魔におそわれパタンと寝るパターンを繰り返しております。
まじめな夢かというと、そうでもなくて、大泉洋が早回しでおじぎしてたりスル・・・。

そしてこの眠さ、春眠?ケドちと違いマス。1日が短い感じ。時間感覚が奇妙です。

そして、ヘンといえば、出勤したときにもらう駐車券の番号が、3日続けて400番
とか!何か意味があるのかな???


メールのお返事、お待たせしてごめんなさい。m(_ _)m


明日、明後日は新鮮ないつものハーブティとビターで甘いチョコをご用意して
お待ちいたしております。

ディープなひとときをご一緒いたしましょう。
[PR]
by lotus_ark | 2008-02-29 20:11 | 日常

エゴ・カプセルを溶かす鍵




久々に、夕べはサークルに行けました♪



ちょうど、ハラランボスさんの講義録のなかで、五感の外に対する向き
合い方について大切なことが出てきたので、今日は自戒をこめてメモを。


ハリーさんによると、「感覚」の目覚めかけた人ほど、エゴイズムに捉われ
やすいのだそうです。

そのような状況下で現れるエゴイズムは、何百、何千のマスクを付けて
現れてきて。
エゴイズムが大天使として現れたり、ヒーラーとして現れて、人を助けよう
とするのだそうです。


けれど、それは自己を取り巻くカプセルのなか、迷宮のなかで起きている
出来事かもしれなくて・・・。

エゴイズムのあらわれであることを認識することによって、迷宮から離れる
ことができる・・・ということです。

以前小耳に挟んだことのある、魔境って、こういうコトなのかしら・・・。



私もふくめて、私たちは、大なり小なり自分の認識世界というカプセルを
被って生きていて。

それは、別に天使の姿をしていなくても、相手の振る舞いに対する評価・
価値判断→そして、それを変えたいと想う欲求・・として現れてきたりも
するものなのかもしれません・・。

そして。

他者のふるまいに、痛みや苦しさを覚えたときには、普段はなかなか抜け
出せない自己のカプセルを越えたトコロから、「わたしであるあなた」を見る
チャンスなのかもしれなくて。

「自己のカプセル=非実在」を越える視点を得る、たぶん唯一の鍵が、
ゆるすということ・・・。

なのかもしれないナ・・・、と、想ったコトでした。


ゆるすことは、五感の外をもふくめた現象を、非実在ゆえに変える力を
持っていて。
だからこそ、過去生を含めたすべての認識を癒すコトができるのかもしれ
ません。。。



そして。いまこの瞬間、
ゆるすという鍵を持っていることを忘れなければ、ユニークな非実在の
世界も、どうやら楽しい冒険に変わるみたい。

向き合う人のなかにオリジナルな光・・愛の表現を発見して、

そこにのみ意識を留め、憩うコト。

そう在ることで、心も、身体もゆったりと静かな平安のなかにあって。
意識も自由に成るみたい。

非実在の海の上を歩くように。




それにしても、ダスカロスさんの世界観と、ACIMは本当によく添っていて。
つい、ひとつのものと感じてしまいマス・・・。

何より内省を勧めているのも一緒で。


パワフルなのに地道なところも似てたりして・・・
[PR]
by lotus_ark | 2008-02-15 11:02 | 日常

近況2



怒涛の1週間、疲労困憊から復活の今朝、目覚め前に、激しく仕事を
するというのも、ひとつのエゴイズムかも・・・という思いがやってきました。
スケジュールがあったにしても、どこか感覚が麻痺したように作業が機械的
になっていくのは、仕事に「愛を載せる」というほんとうの目的からははるかに
離れて。
「やり遂げたい」欲のエレメンタルが肉体を酷使していたのかもしれません。

こんなやりかたで仕事は2度としないです~(T▽T)と、宣言しながら、
大天使さんヒーリングお願いします。と眠りながら依頼すると、背中の鈍い
痛みと頭痛がす~っと去っていきました。

ヒーリングは、やはり祈りで。それをしてるのはやはり天使さんたちなのね・・
としみじみ感じました。

さて、ワンちゃんの心の色リーディングにコメントたくさん下さって、ありがとう
ございました。
「見」させて頂くのとっても楽しみです。

火曜日は、7期生さん遠隔ヒーリングの最後の方のご報告をいたします。
そのあと、プチリーディング犬祭りをさせて頂きますね♪
[PR]
by lotus_ark | 2008-01-13 22:40 | 日常

近況デス




年明け4日から13時間!という残業モード、昼・夜カップめんという
トホホなスタートを切り、よれよれになって今日はまついまさたかさん
のエサレン・マッサージで息を吹き返しマシタ。

とっても、ほぐれました。ゆるゆるになって、帰りの地下鉄を逆行した
まま新宿に着くまで気づかなかったほどデシタ~。

1月中は症例収集中ということですので、ご縁のある方は、ますます
進化中の彼の施術を、体感されてみてはいかが?


週末には、待望のダックスわんこ、「うり」君がトライアルにやってきます。
仮親さんのところの犬にうり二つの顔立ちだったので、「うり」と名づけ
られたのだそうデス。

ところで、うり君のいたシェルターのわんちゃんたちを遠隔で「見て」みたの
ですけれど、犬というのも、興味深いですね・・・。
それぞれ、体のなかに綺麗な「シュガシュガルーンのハートのクリスタル」
みたいな光を持っていました。「うり」のは、オレンジ色でした。


キレイな黄色や、水色、赤、・・・それぞれひとつずつエネルギー体のおなか
の中に持っていて。
まるで、新しい飼い主さんに携えたプレゼントのようです。

彼らの中の光が、飼い主さんの心に、新しい光を灯すのかもしれませんね。


「うり」君を迎える準備で、犬ごはんなどをネットで検索していたら、フラワー
エッセンスやレスキューレメディが普通に犬向けセラピー用品として紹介され
ていて、驚きました。

ヒーリングの世界もある意味フツーになってきているのね。(@_@)



いま、思いつきましたけれど、今月は五感の内の仕事どっぷりで、クオリティを
保てないので個人セッションはお休みさせて頂いておりますけれど。


☆☆☆

この記事をお読みになった方で、ペットをお持ちの方、彼/彼女さんの心の
光が何色か、実験的にプチリーディングしてみましょうか。

ペットのお名前、犬種、年齢をこのサイトのコメント欄でご連絡下さいませ。
公開リーディングになりますけれど、コメント欄で、時間のあるときに(ごめん
なさい)回答させて頂きマス♪

☆☆☆




・・・にしても、保健所でいのちを閉じる子たちの多いこともたいへんなことだ
けれど、仕事としてそうせざるを得ない担当者の方の心の負担も同じように
たいへんなことで。
また、シェルターに連れ出す犬と残す犬を判断している担当者の方も、
犬を愛しているからこその行動のなかで、大きな痛みを感じているにちがい
なくて・・・。

能天気な喜びのなかにあっても、「うり」が私のもとにくるのに、多くの方の
心を経てきたことを、忘れたくはないと感じます。

わたしたちの生み出した矛盾のために仕事を負って下さっている方の全てに。

ごめんなさい。そして、ありがとう。
[PR]
by lotus_ark | 2008-01-08 22:33 | 日常

ヒーラー犬たち!?



1回年末の締めしちゃってから何ですケド。
今日、お見合いしていたのですぅ~♪

さて、どの子でしょ?

Perro Dogs Home

にしても、ここの子たちは、本当によい仮親さんたちに恵まれて
いると感じました。

もし犬と一緒に暮らしてみたいナ、と思われた方がいらしたら、
こちらのサイト、時々遊びにいらしてみるのもいいかも。


年明けにはたぶんお試しホームステイ。はてさて、どうなります
ことやら。
[PR]
by lotus_ark | 2007-12-29 18:09 | 日常

両手に犬♪




実はかなり犬好きなのですが、来る年、独立するにあたって、長年の
夢であった犬との同居をはじめよう、ということで。

年末に2匹のワンちゃんとお見合いすることになったのデス。

最初、1匹の予定だったのですケド。最初選んだ子は別の方のところに
行くことになって、新たに選んでいたのですが、最初の子も戻ってきて。

両手に犬といううれしはずかしい状況ですが、どちらかを選ぶのも、
またムズカシー。

ええと、デートは2匹ですけれど、結婚は1匹・・・ちゃいますって!
モテるとツライナ~・・・それもちゃいマスって



・・


どちらもダックス、ということで、自分の中ではダックス祭りが起きていて、
ここ2日は「ダックスフントのワープ」というお話にふとひかれて読んでみ
たりもしていました。

このお話、なかなか面白かったデス。
主人公の家庭教師がしていることは、クライアントさんの立ち位置を
ご一緒に探索していく状況とよく似ていますし。

立ち位置はどこにも置く事ができて、その選択はすべて自由だけれど、
選択は普通、その人の認識する世界の範囲内で行われること。
そのような無意識の選択と、もうひとつ、意識する選択があること。

後者は、どんなに親しい人、であっても判断を委ねられない。
「たった一人で決めなければいけない」こと。

そして、自ら選択することで、また認識される世界が変わり、選択された
世界のなかを生きることになること。

それは、過去の立ち位置を捨てることになること。
選択は、その結果を、自動的に引き受けることをも意味すること。

物語られることばが受け入れられるとき、それはともに同じ物語を生きる
ことを意味していること・・・。


クライアントさんである10歳のコドモ、「マリ」も興味深いキャラクターで。
彼女のような子が生き延びると、ヒーラーになるのかもしれないな・・と感じ
たりもしました。


・・


クリスマスに撮って頂いた写真、丸まるしている自分に愕然っ!
まるで白いむく犬みたい。

まあでも、犬は好きなので、ついでに「犬メガネ」をかけて、今朝はすべての
人を犬に見立てながら通勤していたのですが。みんな犬だったら一匹
残らず好きかも!と思ってしまいました。

世界中、犬ハーレム♪ うわぁおう。生きててよかった。


「人メガネ」をかけて犬を見るのも面白いデスょ。


・・・以上、あたまの中の犬脳が、嬉しくてちょっと暴走ぎみの今回デシタっ。
[PR]
by lotus_ark | 2007-12-26 14:10 | 日常

おうちはバッテリー



師走を実感する日々、けれどメールだけは静かな気持ちで書きたくて。
お待たせしてごめんなさい。m(_ _)m

・・


今日も、家に帰ってきて、ほっとするね~。
昼間慌しくても、なんだか帰るだけで、元気になるね。などと、
話をしていました。

そこでふと、思ったのですけれど、家ってホントに、エネルギーチャージ
されてるのかもしれないデスね。

のんびりとした、居心地のよい週末のエネルギー、家族で楽しんだ
楽しい時間のエネルギー・・そんな日々の波動が、すこしずつ溜まっ
ていて。
だからこそ、帰ってきたとたんに、外で浴びてきた諸々の緊張感を、
すっと、脱ぐことができるのかナ・・・などと感じたりして。^^


お気に入りの場所には、お花に水をあげるように、よいエネルギーを
チャージしておきたいですね♪


さてさて、実はセッションをさせて頂く場所にも、そういう面があるように
感じていマス。
リーディングもすっと入っていける場所と、ノイズがたくさん乗ってきて、
ターゲットにたどり着くのに時間がかかる場所があるみたいなのデス。

セッションをさせて頂く場所は、やはりいらっしゃる方が、ただそこに居る
だけで元気を感じて頂けるような、よいエネルギーに満ちた場所が嬉しいナ・・・・
といつも願っていて。
セッションの1日の始まりと終わりとは、その場所との気持ちを合わせる
ひとときでもありマス。

そういう意味でも、プロデュースイベントのお部屋は、清清しいエネルギー
が深く浸透している感じが大好きです。



来年、もし定期セッションを開催させて頂くなら、1にも2にも、セッション
が守られる、エネルギー的によい場所が確保できることが1番の課題!
と思っておりました。


そしてこの年の瀬に、ひとつ不思議なコトが、起きたかもしれない・・・デス(T_T)


その場所に、よいエネルギーを重ねられますように。
訪れる方にとって、ドアを開けただけでほっとできる、安全な場所であるように。


その場とそこを担ってこられた方がたの想いに敬意を抱きながら、

来年は、もしかしたら、またひとつ新しい一歩を踏み出せる・・・かもしれません。
[PR]
by lotus_ark | 2007-12-19 23:00 | 日常