excitemusic
五感の外のフィールドワーク
by lotus_ark
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


両手に犬♪




実はかなり犬好きなのですが、来る年、独立するにあたって、長年の
夢であった犬との同居をはじめよう、ということで。

年末に2匹のワンちゃんとお見合いすることになったのデス。

最初、1匹の予定だったのですケド。最初選んだ子は別の方のところに
行くことになって、新たに選んでいたのですが、最初の子も戻ってきて。

両手に犬といううれしはずかしい状況ですが、どちらかを選ぶのも、
またムズカシー。

ええと、デートは2匹ですけれど、結婚は1匹・・・ちゃいますって!
モテるとツライナ~・・・それもちゃいマスって



・・


どちらもダックス、ということで、自分の中ではダックス祭りが起きていて、
ここ2日は「ダックスフントのワープ」というお話にふとひかれて読んでみ
たりもしていました。

このお話、なかなか面白かったデス。
主人公の家庭教師がしていることは、クライアントさんの立ち位置を
ご一緒に探索していく状況とよく似ていますし。

立ち位置はどこにも置く事ができて、その選択はすべて自由だけれど、
選択は普通、その人の認識する世界の範囲内で行われること。
そのような無意識の選択と、もうひとつ、意識する選択があること。

後者は、どんなに親しい人、であっても判断を委ねられない。
「たった一人で決めなければいけない」こと。

そして、自ら選択することで、また認識される世界が変わり、選択された
世界のなかを生きることになること。

それは、過去の立ち位置を捨てることになること。
選択は、その結果を、自動的に引き受けることをも意味すること。

物語られることばが受け入れられるとき、それはともに同じ物語を生きる
ことを意味していること・・・。


クライアントさんである10歳のコドモ、「マリ」も興味深いキャラクターで。
彼女のような子が生き延びると、ヒーラーになるのかもしれないな・・と感じ
たりもしました。


・・


クリスマスに撮って頂いた写真、丸まるしている自分に愕然っ!
まるで白いむく犬みたい。

まあでも、犬は好きなので、ついでに「犬メガネ」をかけて、今朝はすべての
人を犬に見立てながら通勤していたのですが。みんな犬だったら一匹
残らず好きかも!と思ってしまいました。

世界中、犬ハーレム♪ うわぁおう。生きててよかった。


「人メガネ」をかけて犬を見るのも面白いデスょ。


・・・以上、あたまの中の犬脳が、嬉しくてちょっと暴走ぎみの今回デシタっ。
[PR]
by lotus_ark | 2007-12-26 14:10 | 日常
<< ありがとう2007年! LA7 自由に生きて下さい >>