excitemusic
五感の外のフィールドワーク
by lotus_ark
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


枝を挿す




学校にスタバが入ったんです。うれし~。


今は、ノンカフェインのチコリで出来ている「うそコーヒー」を愛飲してい
ますが。
それでも時々、あつあつのグランデサイズを握りしめて街に出るとうれ
しくなります。

NYにちょっぴり住んでたとき、スタバ大好きでよく通いました。
借家をシェアしていたおばさまとお茶したときも、
濃いのをたくさん飲むので呆れられました。

その方は、大の天使ファンでした。
その頃の私は、天使的存在など全く無縁な生活でしたが。
でも天使的??な温かさには、ちょっぴり触れたかもしれない・・・。

見ず知らずの外国人なのに、近所の方々もお茶や婚約記念パーティー
にまで!温かく招いてくださいましたし。
お引越しのときなどの不用品をドアからドアへ、必要な方に届ける仕組み
がしっかりとあって感動しました。

また、クリスマスが近づくと、配達をして下さる方のために、ポストに
こっそり小さなプレゼントを隠しておいたり。

老若男女強烈に自立し喧嘩などもしつつも、
助け合おうっていう粋な空気がほんのり漂っていました。
江戸っ子みたい。


コーヒーを飲むと、やさしくして頂いたことを、ふと思い出したりします。
やっぱり、おいしいや。



4月2日

恒例のお花見をしました。
両家の両親とともに、お皿抱えて近所の公園に出かけます♪
このときばかりは朝からコックさんに変身して、いろんなお料理をつくり
ます。
陶製のなべに檸檬と紅鮭と白ゴマのちらしずしを入れてみたり、真っ赤
なキャセロールに鶏の煮込みを盛ったりすると、見た目もハレっぽくて
楽しいですよう。

ことしは拡大版で、両家の弟夫婦とその子供たちも来て、すごぉく賑やか
になりました。
叔父夫妻にばったりと出会ったり、弟は会社の人と出会ったり。
サプライズもたくさんで、とっても盛り上がりました。

で。

弟が、実家の桜の枝をお土産に持ってきてくれました。
部屋に飾ったら、居間でお花見状態になりました。
1週間ほど楽しんでいました。
花は散り始めましたが、緑の葉っぱがすこし成長しています。

うーん。枯らしてしまうには惜しい。

思い余って、庭に挿してみました。

翌日、庭に出てみました。
元気に咲いてます。葉もすこし大きくなったような。

ところが。
その隣で青々と葉をつけていた2mもある椿が、一夜にして茶色く枯れて
いたんです・・・。
虫とかも居なかったのに、なぜ???

こんなことってあるのかな・・・。

その桜の枝は、その後2週間くらい日々葉を成長させながら、元気に育っ
ていきました。

朝思いつくと、遠隔ヒーリングをしていました。
「見る」とすぐに、白い光の柱が枝にストン、と降りました。
植物ですとエネルギーが簡単に降りてくる?のでしょうか。


3週間目。枝の勢いが衰えてきました。ヒーリングも効きません。
4月29日。全体が萎れてしまいました。
4月30日。とうとう、枯れていました。

結局切られた枝は、ひと月ほど生き延びてくれました。
椿がいのちを分けてくれたのでしょうか・・・。


椿、ありがとう。
[PR]
by lotus_ark | 2006-06-24 09:18 | 日常
<< 「ワニの池」後日談 親子って似るのかな >>