excitemusic
五感の外のフィールドワーク
by lotus_ark
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


箱舟違いですが。



 4月はじめ。

 
 「方舟」って何???建物っぽかったけれど。(当時は建物だと思っ
ていたのです)と頭を抱えていたときのこと。

 TVをつけたら、建築デザインの対談をしていて、芸大の美術史家の
伊藤さんという方が、これからは精神性・全体性を表現するデザインが
求められるようになる。と仰っていました。

 オートマチックな機能的な空間から、心的プロセスや身体性に配慮し
た空間が好まれていくようになるのかもしれませんね。


 端正な和室での対談はなかなか粋でした。
 にしても、平屋で庭が設えられている木造家屋の和室と、ビルの中の
和室って、なぜこうも雰囲気違うんでしょうね。開放感というか、和む感じ
というか。

 今の建物は、外界とのつながりを遮断しすぎているのかもしれませんね。
 それだけ、外界が騒々しいということかもしれませんが。
 心の中と、似てますね。 


 先日、あるコンペティションのポスターを見て、おおっ?と思いました。


 温暖化地球におけるノアの箱舟
 https://ns.kenchiku.co.jp/tgas/

 箱舟、みっけ♪


 地球温暖化を生き抜くために、創られるノアの箱舟とはどのようなものか? 
 という問いかけです。
 
 審査委員の顔ぶれからみて、エネルギー的な解決方法が求められている
ような・・。
 けれど、人の活動量が減らない限り、地球温暖化の原因となるCO2の排
出量も減らないわけで。
 箱舟といっても、高層ビルのように人を箱の中に囲い込んだとしても、解決
は難しいし。もっと別の視点が必要になりますね。


 こちらの箱舟では、どんな解決案が提示されるのかな。楽しみです。
 
  
今日はとりとめもなく。失礼いたしました。

 

 
[PR]
by lotus_ark | 2006-06-21 11:33 | 日常
<< 人工洞穴の夢 ことばの力 >>