excitemusic
五感の外のフィールドワーク
by lotus_ark
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ちょっと悩みました



 ブログを書き始めてから、葛藤?を感じ始めました。


 一つは、体験を記事にすることによって、その体験を「強化」するので
はないか、という懸念を持ち始めました。
 基本的に日記の記載に依っていますので、読み返して、当時の印象
を改めて思い出したりはしますし。
 ただ、書く行為によって「体験」を「真実」にはしたくない、という気持ち
があります。

 すべては、確証がありませんですし。

 体験がことばとして形を持ったときに、本人を離れて、あたかもすべて
の方にとっての真実であるかのような、独立した形を持ってしまうことが
あるとしたら、それにおそれを感じます。


 ただ、もう一方では、逆に、「体験」を疑うことの姿勢を持ちながら書く
ことについて、懸念を感じています。

 というのも、「声」のうち、女声(セラフィムではないと思います・・。ほか
の声とも違う、か細い声)が最近、1回だけですが、悲しみに似た「感情」
を伝えてきたのです・・。強く訴えられるより、こういうのって気になります
ね・・。

 伝えられたことを感覚の上では受け入れながら、一方でその発信源
である「声」について確証がない、そういう前提で文章を書いている。
それは、「声」である彼等からしてみれば、不誠実な態度ですよね・・・。



 五感の世界と五感外の世界の間に立って、等しくものを見たいと思う
のですが・・・。

 その際、五感を信頼するのならば、五感外の感覚も信頼しなければ、
まず自分に対して不誠実かもしれませんね。
 

 どちらの世界もある。という立場で歩を進めていった方が、精神的には
健全なのかしら・・・。

 
 いろいろな考え方はあると思いますが、五感外の世界は体験されうる。
という立場で、このブログを続けていきたいと思います、ね。
[PR]
by lotus_ark | 2006-05-11 10:57 | 日常
<< 白いローヴの人々 友人の「訪問」 >>